お葬式便利辞典

枕経と納棺-お葬式便利辞典

■ 納棺の前に僧侶に枕経を

枕飾りができましたら、菩提寺の住職に連絡をして、納棺する前に、故人の成仏(じょうぶつ)を願うお経をあげてもらいます。このお経を枕経(まくらきょう)といい、葬送儀礼はここから始まります。


■ 枕経の時の遺族の服装

枕経のときのご遺族の服装は、喪服でなくてもかまいませんが、地味なものにし、アクセサリーなどもはずしておくのが常識です。


■ 納棺は手厚く慎重に

枕経が終わりましたら納棺をしますが、多少の時間の空きがありますので、その前に旅支度(地域や宗旨により異なります)をし、十分に故人との名残を惜しんでください。名残を惜しみおわったらいよいよ納棺です。大人のご遺体はかなり重いので、男性数人が力を合わせてしっかり持って運び、静かに、慎重に柩(ひつぎ)に納めます。
ご遺体が柩に納まりましたら、故人の生前の愛用品などを納めてあげます。ただし、ビン類・金属類等の燃えにくいものは、焼骨がいたむ場合がありますので避けましょう。



お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク