お葬式便利辞典

海外・旅先で死亡した時-お葬式便利辞典

■ 海外で死亡したとき

日本人の海外渡航者は年々増加しており、海外での死亡者の数も年々増えてきております。海外で死亡すると、現地の警察、在外公館を経て、国内の近親者に連絡されます。遺族はご遺体、遺品を引き取りに現地に飛ぶのが、日本人の場合は一般的ですが、ご遺体を引き取るためには、次のような書類が必要です。

(1) 現地医師の死亡証明書(日本大使館又は日本領事館の署名が必要です)
(2) 在大使館または日本領事館発行の埋葬許可書
(3) 現地葬儀社発行の防腐処理証明書

これらの書類をそろえて航空会社(または代理店)に依頼すると、航空荷物運送状が発行され、日本に搬送することができるのです。ただし、搬送に時間がかかりすぎるような場合は、現地で葬儀を行なわなければならないこともあります。この場合、国によって葬送習慣が大きく違うことがありますので、日本の習慣にこだわりすぎない方が良いでしょう。


■ 国内の旅先で死亡したとき

国内の遠隔地で死亡した場合は、現地で火葬してご遺骨を持ち帰るか、ご遺体のまま持ち帰るか二つの方法が考えられます。
現地で火葬にする場合は、地元の市区町村役場に「死亡届」と「死体火葬許可交付申請書」を発行してもらい、これを現地の火葬場に持って行きます。
ご遺体のまま運ぶ場合は、納棺して航空輸送にするか、専用寝台車で運びます。


アドバイス

弊社の寝台部にご連絡して頂ければ24時間体制でご自宅までご遺体を無料搬送致しております。

ご連絡は通話料無料の 0120-42-7979 番ヘ


お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク