お葬式便利辞典

通夜の進め方-お葬式便利辞典

■ 仏式の一般的な通夜の進め方

一般的な通夜は、つぎのように進行します。
(1) 列席者一同着席
(2) 僧侶入場、着席
(3) 読経
(4) 焼香(縁の深い順に)
(5) 僧侶法話(ない場合もある)
(6) 僧侶退出
(7) 喪主あいさつ
(8) 通夜ぶるまい
このように、通夜は僧侶の出座によって始まります。焼香をする場合は、喪主から順にひとりずつ祭壇の前に進んで焼香をします。会場がせまくて列席者の移動が困難なときは、その場で香炉を順に回して(回し焼香)することもあります。盆にのせられた香炉を、そのまま自分の前に置いて焼香しますが、盆を置くスペースが無いときは、左手で盆を持って右手で焼香し、次の人に回します。
焼香のしかたは、各宗派により若干異なりますので、事前に確かめておいたほうがいいでしょう。


■ 僧侶が退出すれば喪主はあいさつ

僧侶が退出しましたら、喪主は列席者にあいさつをします。あいさつは、供物、供花、香典に対するお礼、故人の生前のご交誼に対するお礼、列席していただいたことへのお礼などを手短に述べ、通夜ぶるまいの案内をして終ります。


■ 喪主はひとりひとりに返礼を

通夜が終わっても、遅れて駆けつける人がいます。遺族、とくに喪主は、こうした弔問に対しても、霊前でていねいに返礼するのが礼儀です。
お悔やみのあいさつをいただいたときは「お忙しい中をお運びいただき、故人も感謝申し上げていることと存じます」といったあいさつを、座ったままでお返しをします。和室で通夜が行われる場合、移動は立ち上がらずに、膝をついたままで進退するのが礼儀です。座ったままかかとを上げ、手を膝につけ、膝を交互に出し進退します。



お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク