お葬式便利辞典

葬儀・告別式次第-お葬式便利辞典

■ 仏式葬儀の一般的な式次第

葬儀の式次第は、やはり宗派によって多少違いますが、一般的には次のように進められます。
(1) 参列者人場・着席 (2) 僧侶人場 (3) 開式の辞(司会者) (4) 読経、引導(浄土真宗では引導はありません) (5) 弔辞、弔電披露 (6) 僧侶焼香、読経 (7) 焼香(僧侶読経のうちに、喪主、遺族、親族、知人の順に焼香する) (8) 閉式の辞(司会者)このあと続いて告別式を行ないます。


■ 仏式告別式の一般的な式次第

死者の成仏を祈る葬儀とは別に、会葬者が故人と別れをするために打なわれるのが告別式です。一般に告別式は、葬儀に引き続いて行なわれます。告別式の式次第は
(1) 司会者開式の辞 (2) 会葬者焼香 (3) 僧侶退場 (4) 司会者閉式の辞となるのが一般的です。


式 次 第

一般的には葬儀と告別式とを連続しておこないます。
葬儀の式次第は、宗派や地域によって多少異なりますが基本はほとんど同じです。

準備
焼香順位帳により、お名前の確認と着席場所の打ち合わせをします。
参列者着席
定刻5分くらい前には、喪主・遺族につづいて各参列者は入場し、所定の席につきます。
葬儀
1.僧侶入場、着席
1.開式の辞
1.司会者が開式の辞を述べます。
  「ただいまより、
   ○○○○殿の葬儀を執りおこないます」
   全員合掌
1.読 経
1.弔辞拝受
1.弔電披露
1.僧侶焼香
1.喪主、遺族、親族焼香
告別式
1.各代表者焼香
1.会葬者焼香
1.僧侶退座
1.閉会の辞
  司会者が閉会の辞を述べます。
  「これをもちまして故○○○○殿の
   葬儀告別式はとどこおりなく
   終了いたしました」
  故人との最後のお別れになります。
出棺
喪主は位牌、遺族代表が遺影を持ち、霊柩車まですすみます。
喪主は出棺を見送る会葬者に挨拶をします。

お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク