お葬式便利辞典

四十九日(七十七日忌)の法要-お葬式便利辞典

■ 四十九日は満中陰法要

仏教では、死後、次の生をうけるまでの状態を中陰(中有)といい、この期間が四十九日間とされています。そして、七日ごとに死者の生前の罪が裁かれるということになっており、そのため、残された者は、七日ごとに読経をし、死者の罪が軽減され成仏できるように祈るのです。四十九日は七回目の裁きを受け、死者の運命が定まる日です。したがって、この日を満中陰として、比較的盛大な法要を営むのです。


■ 四十九日の法要の依頼は早めに

四十九日の法要を営むときは早めに僧侶に依頼します。
法要は、自宅、寺院で営むことが多いようですが、その他の会場を借りる場合も早めに手配して、出席してもらいたい人々には案内状を出すようにします。
仏式ではこの日に納骨することも多いようです。


■ 黒塗りの位牌を仏壇に

四十九日の法要が済んだら、後飾りの祭壇を片付けます。白木の位牌は菩提寺に納め、黒塗りの位牌を開眼供養してもらって、これを仏壇に安置します。仏壇の無い家庭は、この日までに仏壇を用意しておいたほうがいいでしょう。神棚の封印もこの日にとります。


■ 四十九日から日常の生活に

地方によっては、四十九日を精進落としの日として、生ぐさものを使った料理で参列者をもてなすこともあります。遺族は、この日を境に日常の生活に戻ります。


■ 中陰法要は大切な仏縁

中陰法要の一回一回が貴重な仏縁であるわけです。心して法要に臨み、ご住職の法話には特に耳を傾けていただきたいものです。



お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク