お葬式便利辞典

年忌法要の仕方-お葬式便利辞典

■ 年忌法要の形式は自由

年忌法要に儀式ばった決まり事はありません。会場が自宅の場合でも寺院の場合でも、仏壇の前で僧侶に読経してもらい、 参列者が焼香して、心から故人の供養を行うこと、これが法要の目的です。


■ 年忌法要は遅らせないように

法要は祥月命日に行います。都合で祥月命日に行えないときは、それよりも前の都合のいい日に行うのがふつうです。仏事は先に延ばさないのが、古くからの習慣になっています。


■ 法要後は故人をしのび会食を

法要が終ったら、参列者一同と会食し、故人の話をしながらひとときを過ごすことが、何よりの供養になるといわれていま す。料理店へ仕出しの注文をし、持ってきていただく場合もあれば、料理店へ出向いて会食をする場合もあり、さまざまです。


■ 法要の服装は略礼装でよい

法要での席での施主側の服装は、一周忌までは喪服、それ以降は、ダークスーツ、女性なら地味な訪問着やスーツなどでもかまいません。


■ 法要のための僧侶への謝礼

僧侶への謝礼は黄白の金封に入れ「御布施」「御礼」と表書きして、読経後に渡します。自宅まで出向いてもらうときは、「御車料」を、会食に出席してもらわないときは「御膳料」を別に包みます。
また、会食の席をお寺に借りたときは、「御布施」のほかに、寺務所に折り詰めを届けるなどの気遣いも必要でしょう。



お急ぎの方 365日24時間受付 フリーダイヤル 0120-42-7979

トップページ | ご葬儀基本料金 | お葬式便利辞典 | 祭壇カタログ | ご葬儀の流れ | 式場のご案内 | 神戸市規格葬儀 | お問い合わせ
ご葬儀に関するご相談窓口 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク